So-net無料ブログ作成

思い起こせば… [雑記]

パソコンと出会うよりもはるか昔、幼稚園に通っていた頃の一番の楽しみと言えば、年に2回ほど連れて行ってもらえるデパートの屋上。
そこには、10円硬貨を入れると動く「乗り物」とか、売店の「噴水型ジュース自販機」とか、魔力にも似た力で幼児を惹きつける「娯楽」が揃っていました。

そこには「お目当て」があって、親が『パトカーの乗り物があるよ』と言っても知らん振りして、一目散に向かうのは「潜望鏡ゲーム」。
(正式な名前は覚えてません T_T)

超大型の筐体で、潜望鏡が横に5~6台並んで据え付けてあり、前方には大海原を表現したジオラマ風の海が広がり、一番奥の右端から敵の戦艦が現れ左端へと消えて行く仕掛けでした。
潜望鏡で狙いを付けて発射ボタンを押すと、半透明のジオラマの下を魚雷を模したランプが走って行き、命中すると赤い光/轟音と共に敵戦艦が沈没するという、その迫力にワクワクしたものです。

思い起こせば、これが人生で初めての電気的な「ゲーム」との出会いだったのだと思います。




時は流れて、中学生時代。

本屋で立ち読みする「ラ製(ラジオの製作)」や「トラ技(トランジスタ技術)」には、ワンボードマイコンの広告が目に付くようになり、1~2年前から始まった「電子おもちゃ」や「テレビベーダー」等のブームはまだまだ続きそうな勢いでした。
欲しかったんですけど、買って貰えませんでした…「テレビテニス」。




高校生時代。

クラブ活動や生徒会活動で忙しく過ごしていたある日、行きつけの本屋で目に留まったのが「マイコンでルービックキューブを」のキャッチコピー。
その雑誌「I/O」の 1980 年 10 月号こそが、未だに抜け出せない(笑)パソコンとのファーストコンタクトでした。

その頃良くやったゲームといえば…

ALIEN PART2 (PC-8001)(1981)(Kogakusha)
ALIEN PART2 (PC-8001)(1981)(Kogakusha)

BUG FIRE! (PC-8001)(1981)(Kogakusha)
BUG FIRE! (PC-8001)(1981)(Kogakusha)

CRAZY CLIMBER (PC-8001)(1981)(Kogakusha)
CRAZY CLIMBER (PC-8001)(1981)(Kogakusha)

SPACE MOUSE (PC-8001)(1981)(Kogakusha)
SPACE MOUSE (PC-8001)(1981)(Kogakusha)

NEW RALLY-X (PC-8001)(1981)(Kogakusha)
NEW RALLY-X (PC-8001)(1981)(Kogakusha)

Special thanks to ENRI さん


あんなに夢中になった「パックマン (PC-8001)(1981)(Kogakusha)」が見つからないのは何故? T_T


「I/O」に掲載されていたゲームは、友人がお年玉で購入した PC-8001 で良く遊びました。
学校帰りに数人で家へ押しかけて、ワイワイとやっていましたね。...( = =) 遠い目
あの頃は、まさか自分がゲームを作る側になるとは考えもせず、純粋にゲームを楽しんでいました。




現在、PS3 や DSi 等で発売されているゲームが「料理のフルコース」だとすれば、当時のゲームは100円玉を握り締めて買いに走った「たこ焼き」程度でしょうが、「たこ焼き」には「たこ焼き」の良さがあるのだと、久々にプレイしてみて実感しました。

nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 8

Thunderbolt

M_tさん、nice! ありがとうございます。
by Thunderbolt (2009-09-17 20:21) 

Thunderbolt

しおんパパさん、nice! ありがとうございます。
by Thunderbolt (2009-09-18 05:30) 

どらお

自分も初めてのゲームはデパートやスーパーの屋上でした。
噴水型ジュース販売機も
瓶や缶のジュースより美味しく感じた覚えがあります。
なんでかなぁ・・・
by どらお (2009-09-18 09:06) 

Thunderbolt

どらおさん、コメント & nice! ありがとうございます。

当時の筐体ゲームって、ネットで探しても情報が見つからないので残念です。

自分は、「噴水型販売機のジュースはダメ!」って買ってもらえませんでした。
他の子が美味しそうに飲んでるのが、すごく羨ましかったです。
未だに心残りです(笑)

by Thunderbolt (2009-09-18 14:32) 

Thunderbolt

牛ドリアンさん、nice! ありがとうございます。
by Thunderbolt (2009-09-18 14:33) 

M_t

>一目散に向かうのは「潜望鏡ゲーム」。

もしかしたら、セガのペリスコープでは?
http://ages.sega.jp/vol26/

オレ的にはナムコのサブマリンがけっこうトラウマです。
by M_t (2009-09-18 15:22) 

Thunderbolt

M_tさん、コメントありがとうございます。

情報をありがとうございます。
早速、海外のサイトで筐体の画像を検索してみました。
見つかった画像はシングルユニットタイプでしたが、潜望鏡/ボタンの形や位置が、記憶と同じなので間違いないと思います。
当時、屋上にあったのはマルチユニットタイプで、同じ敵を狙っていたとなりの人に先に撃沈されて悔しい思いをした記憶があります。
いやぁ、40年来のモヤモヤがすっきり解決しました。
ありがとうございました。

by Thunderbolt (2009-09-18 20:51) 

Thunderbolt

単騎さん、nice! ありがとうございます。
by Thunderbolt (2009-09-19 00:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。